同業から転職して知る
ノバレーゼの魅力

人として成長し続けたい
同業からの再スタート

学生時代のアルバイトで接客の楽しさに魅了され、専門学校卒業後、カフェのバリスタや居酒屋の店長を経験。よりレベルの高いサービスを学んで接客を極めたいと思うようになり、地元岡山県にあるブライダル企業へ入社しました。前職での店長の経験から、入社後すぐにマネージャーに抜擢され、新規接客やプランニングも行うプレイングマネージャーとして店舗運営に携わってきました。

ノバレーゼを知ったきっかけは、ブライダル産業新聞という業界紙で2017年にノバレーゼが岡山県に進出するという記事を見たことです。前職では6時間程度の長時間接客がスタンダードになっており、お客様のためになっているのかと疑問に感じ始めていました。ブライダルの仕事は天職だと思っていた私は新たな場所でもう一度ブライダルと向き合いたいと思い、ノバレーゼに興味を持ちました。ホームページを調べる中で、「人があって会社がある。人が命のシンプルな会社です。」という言葉や、創業社長の、家業の環境に一念発起し社員と一体となって会社を成長させ、人の幸せを最優先にしてきたエピソードに感銘を受けました。自分の経験を活かして、さらに人として成長していきたい!ここしかない!と思い、ノバレーゼへの入社を決意しました。

チームで創る結婚式
実直に目の前の人と向き合うこと

ウエディングプランナーとして、お客様との結婚式の企画、当日の運営(キャプテン)に携わりながら、後輩育成やマネジメント業務のサポートなどを任せてもらっています。前職のプレイヤー経験から時間が経っていたこともあり、入社後はゼロから学ぶ気持ちでスタートしました。岡山モノリスはオープン前だったため、先輩スタッフは開業準備と並行しながらにもかかわらず、私の教育にもたくさんの時間を費やしてくださったことに驚きました。前職の打ち合わせスタイルとの違いに、最初は感覚がつかめず苦戦し、何度もロールプレイングを重ねました。そして、打ち合わせテストに合格したときや、初めてのキャプテン担当の日も自分のことのように一緒に喜んでくれるスタッフの姿を見て、自然と涙が溢れました。人に対して決して諦めることなく、一緒に前に進んでくれる仲間がいることを心から誇りに思いました。

新郎新婦様の満足度は、招待されたゲストの満足度とも直結します。その全員が満足する結婚式は、ひとりでは作ることができません。だからこそ、私は一番近くでサービスをしてくれるアルバイトスタッフも笑顔で仕事ができるよう心掛けています。披露宴前のレストランチームのミーティングに参加し、おふたりの想いを伝えたり、新人スタッフに声を掛けたりと、同じ想いで結婚式をお手伝いしてもらえるような雰囲気を作ることがキャプテンの役目だと考えます。また、私は素直さと謙虚さ、感謝と気遣いを忘れずに仕事をすることを大切にしています。先輩や同僚からのアドバイスを受け入れること。そしてうまくいったこと、うまくいかなかったことに対しても謙虚に向き合い、どんなことに対しても自分の成長のために必要なことだと感謝の気持ちを持つことで人として信頼される人でありたいと思っています。

地域に愛される結婚式場を目指し、
チームを牽引する存在へ

「誠実なリーダーであれ」。研修を受けたときの社長の言葉が今でも心に残っています。他社の会場では残念ながらお客様によって対応を変えたり、長時間の接客をしているところがあるのも事実です。陽のあたる場所を堂々と歩み続ける、自分自身がそれを体現し後輩スタッフに伝えていける人でありたいと強く感じました。これからの目標は、「岡山で一番良い結婚式場は?」と聞かれたときに一番に名前が挙がるような地域から愛される会場にしていくことです。これからも良い結婚式を仲間とともに作り続けていくため、誰よりもスタッフのことを考え、向き合い、やりがいをもって働ける環境を作ることのできるリーダーを目指していきます。

CARRER

営業本部 岡山地区 ウエディングプランナー

カフェのバリスタや飲食店の店長を経験したのち、より高いレベルの接客を身につけたいと地元岡山県のブライダル企業に入社し、約6年間マネージャーを務める。業界紙でノバレーゼが岡山県に新規出店する記事を目にし、新たな場所でブライダルと向き合いたいと2018年ノバレーゼに中途入社。現在は、ウエディングプランナーとしてお客様の結婚式の担当とスタッフの育成、教育に携わる。