「キャリアシード」で切り拓いた
憧れのウエディングプランナーへの道

一度は諦めかけた夢
最後のチャンスで運命の出会い

偶然にも結婚式場が実家の近所にあり、幼い頃から華やかな雰囲気にどこか憧れを抱いていました。明確なきっかけがあったわけではないですが、「将来はウエディングプランナーになりたい!」と、気付けば自然に目標を決めていました。アルバイトができる年齢になり、念願だった結婚式場でのアルバイトをスタートさせましたが、私自身が思い描いていた笑顔溢れる華やかな世界はそこにはありませんでした。現実は、お客様に対してスタッフが一丸となっている環境ではなかったのです。当時の私は、戸惑いを隠せませんでした。

もうウエディングプランナーになる夢は諦めようと思った時、ちょうどノバレーゼが「辻家庭園」(石川県金沢市)をオープンするタイミングだということを知りました。ドレスショップ「NOVARESE金沢」が通学路にあり、外から見える店舗の雰囲気や展示されているドレスが素敵だなと気になっていたこともあり、「最後のチャンスだと思ってやってみよう」と思い、アルバイト面接に応募。ウエディングプランナーのサポートを行う「アシスタントプランナー」として、入社することになりました。私を迎えてくださったのは、以前の職場とは比べものにならないほど、人のことを想い、前向きで明るく一生懸命に目の前のことに向き合うスタッフの皆様でした。

それからアルバイトとして働く中で、いつも真っ直ぐお客様のことを第一に考えている姿、何よりも一緒に働く仲間のことを大事に想い、気遣う姿に「こんな大人になりたい、この人たちの仲間になりたい」と思うようになり、正社員としての就業を目指したくなりました。

しかしながら、アルバイトを始めてまだ間もなく、正社員登用のためには先輩スタッフに負けないほどの経験や努力をもっと重ねる必要があることも自分で分かっていました。

ある日、当時のマネージャーが県外へ栄転することになった際、「唯も来ない?必ず成長できるから」と声をかけていただき、アルバイトの雇用形態で他の地区に異動するという異例の経験をさせていただきました。いまでも本当に貴重な機会だったと痛感しています。迎え入れてくださったスタッフの方々も、同じ気持ちを持って同じベクトルへ向かっている仲間なのだとすぐに分かりました。この地区の皆様の役に立ちたいという気持ちは自ずと強くなっていきました。

キャリアシードから念願の正社員へ

そんな中、2017年に社内で新たな雇用形態「キャリアシード」がスタートをしました。「キャリアシード」の大きな特徴は、満3年の有期雇用期間中に、正社員登用を期待されているスタッフに提案される雇用形態であるということです。早速、先輩方が私にチャンスを与えてくださり、アルバイトから「キャリアシード」へ。憧れのノバレーゼスタッフの一員になることができました。 その後経験を重ね、2019年にウエディングプランナーとして正社員登用いただいたときは嬉しさで胸がいっぱいになりました。

そこからはウエディングプランナーとして、ご成約いただいたお客様の打ち合わせから、当日のキャプテン業務(結婚式当日の運営を統括する立場)を任せていただきました。新郎新婦のおふたりは結婚式の1日のために、たくさんの準備期間を費やしてくださいます。そんな日々を経て迎えるご結婚式には、決して少なくない金額の費用が必要となります。それには、ここから新生活をスタートされるおふたりはもちろんのこと、これまでおふたりを育んでこられた親御様や人生の大切な時間を共にされてきたご参列のゲスト様など、いろんな人たちの想いが詰まっています。だからこそ結婚式の成功は当たり前。そのプレッシャーから、何度当日の進行を確認しても、前日になかなか眠れないこともあります。ですが、ご結婚式当日は私が唯一無二の責任者です。緊張しているということは、それ相応の覚悟を持って臨めていることだとプラスに考えております。毎回そんな気持ちなのですが、新郎新婦のおふたりとご結婚式後にお話しさせていただくと、「髙橋さんが誰よりも笑っていましたよ!」というお言葉をよくいただきます。緊張の1日ですが、何よりも楽しむこと!それが一番だと思っています。

止まることなく常に走り続け
勇気づけられる存在になる

ウエディングプランナーを経験し、現在はアシスタントプランナーとして店舗の縁の下の力持ちとなれるよう日々邁進しています。今後は、仕事のスキルアップはもちろん、周りからどんなときも信頼されるような人を目指していきたいと考えています。

人は一度立ち止まってしまえばそれまで。その先の成長はありません。常に走り続け、成長し続けられる努力をする先輩方に憧れて入社したからこそ、私自身も「唯がいれば大丈夫」と安心される存在にならなくては、と思っています。かつて私が憧れたように、ウエディングプランナーに憧れている方へ、今度は私が憧れられ、勇気づけられる存在になりたいです。

CARRER

営業本部 金沢地区 アシスタントプランナー

結婚式場が実家の近くにあり、幼少期から自然とブライダル業界に親近感を持っていた。憧れの場所で学生としてアルバイトをするものの、理想と現実のギャップを体感し、一度は業界で働くこと自体を避けた。ノバレーゼとの出会いを「最後のチャンス」と自分で決め、アルバイトとして入社。2017年には「キャリアシード」に雇用形態を変え、その後正社員に登用。ウエディングプランナーを経て、現在はアシスタントプランナーとして活躍中。