ワークライフバランスの推進

PROMOTION OF WORK LIFE BALANCE
ワークライフバランス
の推進
さまざまな背景をもった多様な人材が、安心して働き、その能力を十分に発揮できる環境を整えるため、各種取り組みを進めています。

PROMOTION OF WORK LIFE BALANCE

多様な働き方を支援

フレックスキャリア制度

勤務時間や日数など「働き方」を変えられる制度。正社員の雇用形態のままライフステージに合わせ勤務時間を調整して働くことができます。

勤務エリア限定制度

希望に応じて働くエリアを限定することができる制度。通勤時間1時間半以内での異動を除き、転居を伴う異動の対象となりません。

在宅勤務制度
(リモノバ)

配偶者の転勤による遠方への転居や自身の病気など、やむを得ない事情で出社が困難な場合に、一部の職種では在宅勤務をすることが可能です。

副業制度
(パラノバ)

多様な経験を積むことで、更なる可能性を広げるために導入。自己成長につなげ、人生を豊かにしたいという想いから生まれた制度であり、多くの社員が活用しています。

社内啓蒙活動

社内報や社内イントラネットを通じて、仕事も生活も充実し、いきいきと働いている社員の紹介に注力。ワークライフバランスを実現するため創意工夫していることやメリット等を掲載しています。

多様な働き方を支援

有休取得率100%
の義務化

社員が幸せであってこそ、はじめてその先のお客様に素晴らしいサービスが提供できる。きちんと休むことで、社員の心がより豊かになり、お客様にもまた良い影響を与えらえるよう取り組んでいます。

リフレッシュ休暇

3年に一度、育児や介護など特定の理由を目的としない、社員自身がリフレッシュするために使える30日間の長期休暇制度。家族や自身のスキルアップのために取得する等、モチベーションアップに寄与しています。

Rockの日

年2回付与される休暇。企業理念である「Rock your life」から、自分自身や大切な人たちの心をRockする(心動かす、感動させる)ために利用してほしいという願いが込められています。

ドナー休暇

骨髄や末梢血幹細胞の提供に要する入院や検査の日を、最大10日間の特別休暇として認めています。骨髄移植に対する社会的関心が増すなか、社員からの声を反映させた制度です。

裁判員休暇

裁判員候補者として通知を受け、裁判所に出頭する際、また裁判員として選任を受け、裁判審理に参加する際は特別休暇を付与しています。

SUSTAINABLE D
EVELOPMENT GOALS
SDGsへの貢献

この取り組みにより、ノバレーゼは
持続可能な開発目標(SDGs)の
目標3、5、8、10の達成に貢献します